前へ
次へ

トラブルは中国語の学習でもポイントになる

中国語のみが通じるシーンというのも、地方色豊かな大陸であるがゆえに、少なくありません。
学習法として、留学や旅行で行き当たりばったりという手もありますが、世界共通語のみならず、現地の言葉を知っていると便利です。
ニーハオなどの挨拶や単語だけでも温かなコミュニケーションが取れるし、日中の親近感も深まるでしょう。
学習するにしても、情報収集に役立つウェブサイトもあります。
しかし、郊外の情報は少なく、信頼できる情報かどうかを見極めることも大切です。
ちなみに、現地情報としてはトラブル対処法を第一にチェックしましょう。
治安が良いエリアもあれば、その反対もあります。
細心の注意を払っていれば大抵のトラブルは避けられます。
中国語で話かけられることもあるでしょう。
一人歩きができるか、発音やイントネーションで現地人なのかが判断されます。
どんなことも学習あるのみ、しかし、緊急時に関する情報だけは抜かりなくチェックしておきましょう。

Page Top